チャットレディがいかに女性の副業に向いているか

チャットレディが副業として最適な理由とは

チャットレディは人気急上昇中の女性ならではのお仕事で、副業でやっている人もたくさんいます。

最近では経済的な不安からか、昼の仕事とは別に副業的なものを探している女性が増えていて、実践している人もたくさんいます。ネットビジネスと言えば、代表的なものはオークションだったり、株式投資だったり、アフィリエイトといったものがあります。

ここ2,3年だとビットコインなどの仮想通貨も登場してきましたが、投資関連はリスクも考えないといけないので、慎重にやった方がいいですね。

他にも自宅でできるバイトとして、内職だったりポイントサイトだったりがありますが、時給が数百円と極端に低いものばかりです。

これらの仕事と比べるとチャットレディというのはどれだけメリットがあるかということです。

チャットレディは本業があって、合間合間に副業をやりたいという人にもってこいの副業だと思います。

最近では大企業でも副業解禁して、逆に会社の賃金を下げているところもあるくらいですが、会社にばれずにチャットレディをする場合はどういう策を講じればいいのでしょうか。

チャットレディはやってみたいけど、会社にはばれたくない…という人は多いと思います。そういった女性のために、会社にばれない方法もご紹介しています!

チャットレディはなぜ副業に向いているのか?

難しいスキルや才能が必要ない

チャトレが女性なら誰にでもお勧め出来る点には、スマホ一台でもチャットレディとして稼働出来ますし、パソコンを使うとしても簡単にできます。

チャトレとしての仕事は簡単操作で開始出来ます。まずチャットサイトにログインしいます。次に開始ボタンを押すと自動的に待機状態になって、男性ユーザーの画面に待機中の女性一覧として表示されます。その状態で男性からのチャットやメールをまっているとログインしてくれてチャットがはじまります。チャットが終わったら終了ボタンをタップかクリックすると終了出来ます。

これだけ簡単に操作ができるようになっています♪大手のライブチャットならなおさら簡単に安心して使えるようになっているので、操作性の問題点は皆無といってもいいでしょう。

他にも代理店にはスタッフの女性もいるので、わからないことがあればすぐ聞くことができます。

報酬がすぐ手に入る

今月は急な出費で給料が足りない…、日払いの仕事がしたい…、もっとお金を稼ぎたい…などなど、いろんなお金の悩みがありますよね。

チャットレディだけに限りませんが、副業に興味を持つときと言うのは、ほしいものができたりしたときだと思います。

ライブチャットの仕事というのは、ほとんどのサイトで、日払いを対応可能です。

チャットレディの代理店に登録してチャットルームに登録している人は、その日の帰りに稼いだ報酬額を現金でもらえます。

その日に稼いだ報酬額がその日にもらえる仕事なんて、他にないですよね♪これだけ利便性がたかいバイトは他にありません♪

サポートスタッフがわからないことすべて教えてくれる

通勤チャットレディでも在宅チャットレディでもライブチャット専属のサポートセンターのスタッフからいろいろなアドバイスをもらうことができます。

通勤チャトレの場合はチャットルームに通勤しているので、その場のスタッフにいろいろなことを聞くことができます。男性ユーザーとのトラブルから、なんでも聞いてOKです。

在宅チャットレディでも大手のライブチャットサイトならサポートデスクが充実しているので、聞いたことは何でもすぐ答えてくれます。通勤チャットレディほどの即効性はないと思いますが、それでもかなりはやく返信がかえってきます。

代理店の場合はもっとサポートが手厚くて、スタッフがサムネイル画像の男性の心をわしづかみにするようなセクシーな写真に変えてくれたり、プロフィールもユーザーがチャットしたくなるようなものに書き換えてくれたりしてくれます。

登録料などが不要

チャットレディは他の副業に比べると初期費用という面でとてもメリットがあります。たとえばカフェなどをオープンしようとしたら100万円以上かかってしまうと思いますが、チャトレなら一切そんな費用もかからずに着の身着のままで副業を始めることができます。

通勤チャットレディだったらパソコンやウェブカメラやヘッドセットなどの料金もかかりませんし、自宅でやるにしてもパソコンがあればそれはそれでいいですが、パソコンがなくてもスマホ一台で働くことができます。

チャットレディの登録自体にも費用は一切かかりませんし、代理店に登録するときも無料です。

通勤チャットレディの場合はさらに、チャット用にコスプレやウィッグも用意されています。キャラクターになりきることにより新たな市場を開拓出来るといわれています。

男性に触れることがない

チャットレディが最近女性の副業として人気爆発中なことの要因に、精神的にも肉体的にも軽い雰囲気でお仕事ができるということがあると思います。他の水商売であるキャバクラや風俗やガールズバーと比べてみてもチャットだけしていればお金になるということがどれだけ楽かがわかりますね。

ヘルスやキャバクラやガールズバーみたいに、酒も飲まなくていいですし、体に触られたりする心配もありません。

どのタイミングでもOK!

チャットレディはライブチャットが存在している限りいつでも働くことが可能です!24時間チャットサイトはやっているので、もちろん男性客の入りは少なくなるかもしれませんが、いつでも稼働可能なんです。

パソコンやスマホ一台で、好きな時間で家でも外でもどこでも副業でお金を稼ぐことができます。

在宅チャットレディに飽きてきたら通勤チャットレディをやってみるというのも一興ですね。

身バレや顔バレの危険性

チャットレディをやっていて顔出しありでやっていた場合は顔バレしてしまうのが懸念という人もいると思います。

チャットレディをやっていることがバレてしまうのには副業禁止だからというものもあるかと思いますが、単純にチャトレ自体が偏見の目で見られているので、いやだという人もいると思います。

自分の知り合いがライブチャットに登録していて、自分のところにログインしてきたり、待機画面で見つけるなんてことはものすごい小さいので、あまり気にする必要もないと思います。

副業がばれないか?

チャットレディというオンラインでできる在宅ワークは、昼は事務職やパートなどをしている女性にはうってつけの仕事だと思います。ですが、チャットレディをやっていることが勤めている会社にばれてしまわないかと不安ですよね。

本業と兼業でチャットレディなどの副業的な仕事が、会社にばれてしまう要因としては、年末調整で住民税が会社の分と他にあった場合にバレやすいといわれています。

本業をやっている会社というのは、個人個人に給料を支払った場合は、その従業員が住んでいる自治体に対して、いくら払ったかという報告書を提出することが義務づけられています。

たとえば、チャットレディなどの副業をしていて、そこから報酬を支払ってもらっている場合は、その副業のところからも、市町村に支払い報告書を提出するように義務づけられています。

支払い報告が送られてきた市町村というのは、その給料をすべて合算して、本業の会社へ住民税の金額を通知する仕組みになっています。

すべての報酬を合算して決定された住民税額というのは、各自治体から本業の会社へ送付されてしまいます。

本業の会社では自分の会社から支払った給料から住民税がどれくらいになるかをわかっているので、市町村から送られてきた住民税と開きがあったら、副業がバレてしまう可能性があります。

ですが、会社にばれないようにする方法も当然あります。それは特別徴収ではなく、普通徴収として住民税を納める場合です。

昼間やっている本業の会社にチャットレディだけではなく、すべての副業がバレないようにするためには、副業で得た収入の住民税を自分で支払えばいいだけです。

普通徴収で住民税を納めることにより、住民税が自治体で合算されて、本業に送られることがないので、まずバレることはありません。

20万円以下で住民税だけになる

確定申告のサイトなどを見てみると、チャットレディを副業としてやっている場合は、副業の収入が20万円を超えなければ、確定申告不要と言われていますが、これは所得税に対してです。

住んでいる市町村に納める住民税というのは、年間の副業での収入が20万円を超えていなくても納める必要があります。

住民税は確定申告の際に、自分の自治体にチャットレディなどの副業で得た収入を普通徴収で申告することにより自分で納税することができます。

年間20万円以上で普通徴収

チャットレディなどの副業で一年間に20万円を超える収入を得た場合は、確定申告をするときに特別徴収ではなく、普通徴収を選択することにより、簡単に自分で納税することができます。

毎年2月中旬から始まる確定申告のタイミングでおこなうことにより、本業の会社ではなく市町村に住民税を通知することができます。

チャットレディで稼いだ一年間の副収入を自分で確定申告することにより、自分が住んでいる自治体から自分の住所に直接納付書が送られてくるので、本業の会社にばれることなく納税することが可能です。

普通揚州が適用できないときとは

あなたが住んでいる市町村によっては、住民税を普通徴収で納めることができないところもありますが、実はこれはチャットレディにはあてはまりません。

実はチャットレディというのは、他の副業とは違って特殊なパターンで、チャット会社などと雇用を結んだ関係ではないのです。

チャットレディがライブチャット会社から支払われるお金というのは給料という形ではなく、報酬という形になっています。普通徴収が適用出来ないのは、給与収入に対してだけなので、チャットレディの報酬というのはあてはまりません。

市町村によっては、チャットレディの報酬が給与でないとしてもすべて特別徴収にするべきだと考えている自治体もあります。

副業の確定申告をするときに、会社にばれないように普通徴収をしたのにもかかわらず、特別徴収になっていたということもあるので、絶対に本業の会社に副業がばれたくないというひとは、市町村に確認をしておいた方がおすすめです。

このページでは、チャットレディが副業としてどれだけ優れていて、メリットが多いかと言うことをご紹介してきました。

チャットレディが副業で、本業の会社にばれずに稼ぎ続けていきたいというひとは、ぜひ当ページの知識を活用して、うまいこと会社にばれずにチャットレディとして活躍していきましょう!

↑ PAGE TOP